新しい葬送方法である散骨

main-img

誰かが亡くなったとき、多くの人は火葬されてお墓に埋葬されると思っています。しかしながら、最近では葬送の方法が多様化してきています。
例えばお墓以外の場所に埋葬する方法や遺骨の一部や全部を自然に還すという方法があります。



後者の葬送方法は散骨によるものが多く、散骨は行う人が年々増えています。
散骨は樹木の下や海洋の上、山の中などで骨を撒くというものです。
生前に希望しておけば条例や規定に反しない場所であれば望む場所に骨を撒いてもらうことが可能となります。そのため、お墓がない場所であっても自分が眠りにつきたいと考える場所で自然に還ることができます。



最近では遺骨の一部を宇宙で撒くというケースもあり、壮大な夢を叶えることも可能です。


このような葬送の方法が選ばれるようになった背景には社会的な問題や思想の変化が大きく関係しています。
核家族化が進んでいるためお墓を管理する人がいないためお墓以外での葬送を行う必要があったり、骨壺に入れられお墓の下に納まるよりは土に還りたいという自然回帰を望む人が増えているというわけです。お墓の継承など現実的な問題を解決でき、理想の場所で眠りにつくことができる散骨ですが、未だに認知度や理解は低いと言えます。



なかには亡くなった人は火葬されお墓に入るべきだと従来の葬送以外を受け入れられない人も居ます。

もし自分や遺族の散骨を望むのであればトラブルを避けるためにも事前に家族や親族に相談をしておくと良いでしょう。


散骨の予備知識

subpage01

自分が亡くなったとき、家族が亡くなったときに遺骨をどうするか迷う人が増えています。これまでは亡くなった人は火葬されてお骨を拾い、お墓に納めるという方法が一般的でした。...

more

散骨が気になる方

subpage02

自分が亡くなったら新しく建てられたお墓に入ったり、これまで家族が継承してきたお墓に入ると思っている人は多いです。なぜなら日本では火葬を終えた後、親族がお骨を集めて骨壺をお墓に埋葬する方法が一般的だからだと言えます。...

more

散骨の知識を増やす

subpage03

遺骨を仕舞う方法はいくつかあります。その中でもお墓に納めるという方法が最も主流です。...

more

人に言いたい散骨

subpage04

散骨は故人や遺族の希望に従って所定の場所に遺骨を撒く埋葬法です。こう書いてしまうと遺骨をただ撒けばよいだけで簡単だと感じるかもしれませんが、実は多くの点に注意する必要があります。...

more